レーシックの費用

施術料金による違いは?やっぱり費用が高い方が安全?

レーシックの手術費用は、10万円程度から50万円程度まで、術式によってかなりの幅があります。
信頼のおけるクリニックの場合、施術料金によって手術の安全性が変わるというようなことはまず考えられませんが、格安レーシックの場合は、対応できるケースが限られていたり、施術日が決まっていたりという場合が多いようです。
最新の医療技術や器具を利用する施術になれば必然的に料金設定は高くなり、その反対に既に定着している医療技術を用いる場合には費用が割安になる傾向にあります。
また、手術後の補償期間の長さも違う場合があり、保障が1年程度のプランもあれば、10年間、もしくは生涯しっかりと保障してくれる治療プランもあります。
医師に相談し、自分のニーズに最も合った術式を探すことが大切です。

料金が安いと失明や感染症が心配です。

施術料金が安いとなんだか不安…と感じられる方も多いようですが、レーシックは医療行為ですから、危険度に変わりが出るというようなことは基本的にありません。
レーシックで失明したらどうしよう?という声を時々聞きますが、レーシックは元々眼球に触れる手術ではないため、レーシックの手術そのものによって失明することはあり得ないのです。
術後の感染症については、クリニックの衛生管理にかかっています。
衛生管理がきちんとなされた信頼できるクリニックであれば、感染症の心配は全くと言って良いほどありません
ただし、大手クリニックでもないのに10万円以下といった費用が格安設定の場合は、安全のためにも疑ってかかったほうが良いかもしれません。
施術料金よりも、衛生管理が行き届いており、且つ経験豊富なクリニック選びに手術の成功、不成功の大半がかかっているといえます。

検査の費用はかかりますか?健康保険は使えますか?

レーシックの費用を考える時、気になるのが手術以外にかかる諸費用ですね。
手術前に必要な検査は、ほとんどのクリニックが無料で行ってくれます。
アフターケアについては、プランによって1年保障、10年保障などさまざまですが、その保障期間内に応じて目薬代なども含めて無料の所が多いようです。
つまり、提示されている料金以外の諸費用はかからないところがほとんどです。
細かな条件はクリニックごとに若干変わってきますから、無料相談・検査を受ける時にしっかりと確認しておくことが大切です。
残念ながら、レーシック手術は通常の健康保険は適用外になっています。
ですが、個人的に契約している生命保険や医療保険によっては手術給付金を受けられる場合がありますので、レーシック手術を検討する場合は保険会社に詳細を確認してみましょう。

レーシック@メニュー

レーシック@費用の安いプランの安全性は!?リンク