10万円以内のレーシック

どうしてこんなに安い料金で受けられるの?

クリニック 施術料金 プラン
品川近視クリニック 70,000円(税抜) スタンダードレーシック
品川近視クリニック 86,000円(税抜) スタンダードイントラレーシック
新宿近視クリニック 94,000円 SBKレーシック

メガネやコンタクトに半永久的にお別れできるレーシックはとても魅力的ですが、健康保険の適用外となるため、以前は治療を受ける決断ができない人が大半でした。
しかし、次第にポピュラーな技術になるにつれて費用も下がり、最近は10万以下のプランもみられるようになってきました。
あまり安いとなんだか不安…と思う人もいるかもしれませんが、信頼できるクリニックにおいては、安いからといって手抜きされることはありません
レーシックがポピュラーになるにつれてクリニック同士の競争も必然的に高まり、積極的にIT化を取り入れて人件費削減を行ったり、広告費を削減するなど、少しでも施術を安く抑える工夫がいろいろとなされているのが低料金化の理由です。
ただし、これらの方法はある程度規模が大きく患者数の多いクリニックに限って可能なものといえますので、ほとんどレーシックの取り扱いがないのに格安な所は避けた方が良いでしょう。

失明や感染症の安全性は大丈夫?

手術料金が安いと安全性に不安を感じる人も多いようですが、安いからといって安全性が劣るということはまずありません
レーシックは健康保険が適用されない自由診療のため手術費用は各クリニックで自由に設定することができ、クリニック間の競争が高くなってきている昨今では、一層の低価格化が進んできている傾向にあるようです。
トラブルの多くは、料金ではなく、クリニックの対応や医師の腕にかかっているといえます。
安全性を考え、尚且つ低価格でレーシック治療を受けたい場合は特にですが、レーシックの施術数が多く経験豊富な医師が施術を担当してくれる信頼できるクリニックを選択しましょう。

費用の安い施術のメリットとデメリットは?

10万円以下のレーシックプランは、比較的気軽に受けられる範囲の費用なのが嬉しいところです。
ただ、低料金で安全性の高いレーシックを提供するには薄利多売で数をこなす必要があるため、今のところ大手のクリニック数社にしか実現できない料金といえます。
施術数の少ない小さなクリニックなのに格安でレーシックを行ってくれるところは、避けた方が無難でしょう。
10万円以下のプランの場合、最もべーシックなマイクロケラトームという器具を用いてフラップを作る方法が主流のようです。
手術中の痛みがほとんどなく、短時間の手術で済むのが大きなメリットといえます。 ただし対応範囲が限られ、角膜が薄い人や強度近視の人などは対応できない場合があります。
また、低旅金の場合は施術日が曜日限定、あるいは平日のみといった場合が多く、スケジュールが詰まっている人は少々難しいかもしれません。

レーシック@メニュー

レーシック@費用の安いプランの安全性は!?リンク