20万円以内のレーシック

10万円以内の施術との違いは?

クリニック 施術料金 プラン
品川近視クリニック 147,000円(税抜) 品川イントラレーシックアドバンス
新宿近視クリニック 198,000円 iFSイントラレーシック

お手頃価格のレーシックとして、10万円以内の施術プランがだいぶ多くなってきました。
10万円以下のプランでは、レーシックを受けられるケースが限られてしまったりする場合も結構ありますが、20万円以内になってくるとかなり幅広く色々なケースに対応してくれるようになり、強度近視でも矯正可能な場合がほとんどです。
大手クリニックの中には、この価格帯でまだまだ高いといわれるイントラレーシックを受けられる所もあります。
保障期間も長く設定されている上、アフターケアの上でも安心できることからも、信頼できる大手クリニックの場合はお得感がある価格帯といえそうです。

使用する機器は最新のものですか?

レーシック手術を専門に扱う大手クリニックの場合、安めに料金が設定されているからといって施術に使用する医療機器が古いといったことはまずありません。
そのため、感染症対策が徹底された最新の機器で施術を受けることが可能です。
ただし、ほとんどレーシックの施術経験がない小さなクリニックなどでは、最新機器を導入しつつ低料金で施術を提供することは、現実問題としてまず不可能でしょう。
そのため、最新の医療機器で、しかも施術料金を抑えてレーシック手術を受けるには、少々遠くても経験豊富な大手クリニックを選ぶことをおすすめします

メリットとデメリットは?

20万円以下でのレーシックプランは、とにかくリーズナブルなものを追求したい人にはおすすめです。
ただし、イントラレーシックよりもっとクリアな視界が欲しい場合や、激しい運動をするといった場合は、低料金の治療プランでは対応しきれないケースもあります。
こうした特殊なニーズの方には、エピレーシックやPRKといった術式がおすすめですが、この場合の料金は20万円台からが相場となります。
基本に忠実なだけでなく、より質の高い、ニーズに特化したレーシックを受けたいという人は、やはりそれなりの施術料金のレーシック術式を選んだほうが良いといえそうです。

レーシック@メニュー

レーシック@費用の安いプランの安全性は!?リンク